忍者ブログ
2017/03/31

トリデラのこと、タラセクのこと4

どーも。前回のまとめで「セクトニア様の身体で一番エロいと思うのは目元」って記事で語って、そういやハマりたての頃は目元どう描いてたっけ…と思って見返したら、アイシャドウをなんと線で塗って済ませていて、過去の自分に解釈違い起こして七転八倒した弐新です。
良い子の諸君!情熱で突っ走るのは若さが眩しくて悪くないが慎重さでブレーキをかけることも時には必要だぞ!
というわけでトリデラログいっきまーす。続きからどうぞ。

カービィ25周年アカウントのバレンタインイラストが尊すぎて描いた。今からもう一ヵ月以上前のネタになってしまったのですけど、バレンタインから2週間後には描き上げてたものです。まとめ形式だと時事ネタがずれて困る。
セクトニア様の仕草の、ファウンテンを注視して慎重にチョコつけている様子がどこかぎこちないように見えて、もしかしてフォンデュ初体験なんじゃないか?という仮説を立てました。今回の絵はこの仮説に基づいております。
聞き慣れない言葉をひらがなで言うパターンをセクトニア様に適用してみました。あざとすぎるかとも思いましたが、やっぱり定番の萌えなので外せませんでした。自分が萌えるために描いてるしね。
真ん中三人(ドロシア、スージー、セクトニア様)は他の子たちより精神年齢高そうですし、大人組としてこころもちアダルティな会話をしていただきたいです。えっちな意味かと思った人は挙手しなさい。先生怒らないから。
ただ、タッチカービィはまだプレイできてないので、今回ドロシアちゃんが描けませんでした。ごめんね。
スージーは会社勤めだしセクトニア様は女王様だしで、今回のメンツの中では比較的縦割りの関係に慣れている二人は、話すと案外相性がいいんじゃないかと思っています。勝手に。
クローン勝手に作られたりとかしてたけど、あれをお出ししてきたのは星の夢だし、スージーちゃんはあくまでしんりゃくプロジェクトの指揮者であって兵器の開発まで担当してないんじゃないか、と思うのでノーカン。

いやー、今回のバレンタインイラスト、公式爆弾すぎましたね…。
トリデラ本編やって悲しみに暮れる→ロボプラのクロセク様でとどめ刺されて無事死亡→撃破演出で死体蹴りされる→もーププ読んでちょっと立ち直る→小説読んでやっぱり悲しみに暮れる→かーらーのー女子会イラストでヒャッホオオオオオオオオオウ!!!!!!!!!!!!!
こんなん否応なしにテンションだだ上がりしますですよ。こんなにも振り回してくださる公式様に感謝しかない。
本編で死んだり存在ごと消滅したりとわねむったりしたキャラを、二次創作で生還パロなりなんなりでハッピーにするのって、キャラの散り様を無視するか目を背けるかをどうしてもしなきゃいけなくなるので後ろめたさがあったし、うるせえ二次じゃ関係ねえ!と開き直るしかありませんでした。
ですが、今回の公式投下で、少なくともセクトニア様に関しては肯定された気がします。敵も味方もラスボスも、女子という共通項のみで集まってみんな仲良くチョコフォンデュ。これぞまさしくあきれかえるほど平和ですよ。
いやー、公式アカウントが想像してたよりバーリトゥードすぎて、すっかり度肝を抜かれてしまいました。これからもっとはっちゃてくれるかもしれませんね。楽しみです。
…今回(たぶん)初めてセクトニア様が公式にイラスト化されて、如何に今まで手癖で描いていたかに気付かされて、あわてて改めているのはきっと私だけじゃないはず…

おめかしごっこ、おかえし
前々回のまとめで、タランザが蜘蛛トニア様の髪を手入れするイラストを描きました。詳しくはこの記事参照→「トリデラのこと、タラセクのこと3
今回、逆に蜘蛛トニアがタランザの髪で遊ぶのはどうか?というネタが突如降ってきたのです。
楽しそうな蜘蛛トニア様を描けて満足です。絶世独立美少女に振り回されるタイプのタランザはかわいい。(これ言うの二回目)
蜘蛛トニア様のアホ毛を描くかどうかについて。前まで蜘蛛トニア様にはアホ毛は無いものだと思っていたので描かなかったんですけど、この絵で試しに描いてみたらしっくりきたし、スクショをよく見たらやっぱりあるような気がしてきたので、これからは描く方向でいきます。わたしは手のひら返しがとくいなフレンズだからね!

ハマりたての頃は後ろめたいので考えないようにしてましたが、半年ほど経った今、そろそろ個人的な性癖を出していける時期になりました。
というわけで、「緊縛」をテーマに2枚描きましたのでうpします。
タランザは蜘蛛の糸、セクトニア様はヴァイン、という具合に二人とも束縛属性持ちなので、緊縛のシチュエーションが想像しやすいですね。

けっこう容赦なくぐるぐる巻きにされてるセクトニア様ですが、これはきっと合意の上でのそういうプレイです(ええー)
セクトニア様の翅をこうやって描くのは初めてです。達成感がいつもの描き方とは段違いですね。ただ、その分時間がかかるので毎回はできそうにないです。ここぞというときに使うかんじかな。
白い粘着質のもの(意味深)とおっぱいにただならぬ執念を注ぎました。エロ同人での経験をつい生かしてしまった。

カービィカフェに一緒に行った友人と、こないだ飲みに行ったんですよ。それで、酔った勢いでセクトニア様のおっぱいについて語ろうとしたら、「セクトニア様ってあんまり巨乳ってイメージがない」って言われたんです。
もう、かなりショックでした。ショックといってもマイナスなものではなく、新しい可能性を提示されたことによるプラスなショックです。セクトニア様が巨乳であるという印象が薄い相手に対峙することで、自分がどれだけ巨乳というフィルターに頼ってあのおっぱいを見ていたか、むしろフィルターを外そうとしない姿勢に酔ってすらいたという事実にさえ気付かされたのです。「千と千尋」でハクが本当の名前を告げられた時ばりに鱗が目からボロボロ落ちました。今までの自分は無意識に可能性を狭めていました。おっぱいには様々なサイズとポテンシャルがあるのですから、広い視野でもって進み、必ず彼方にある新地平までたどり着かなくてはいけないのです。
今回、リア友との会話によって非常にイノベーティブな知見を得られてすごく嬉しかったです。やっぱり自分ひとりで引きこもって絵描いてるだけじゃダメですね。
まぁそれはそれとして緊縛でおっぱいを強調しない選択肢はないのでふんだんに盛って寄せて上げました。たのしかったです。(上の話台無し)

おまけ。クモの糸はタンパク質でできていて、粘着性が落ちたのを自分で食べて再利用するらしいですね。
タランザの糸は魔法が込められてそうなので、食べて魔力回収とか…するかな?
できるかもだけどお坊ちゃんだし「そんな品のないことしないのね!」とかなんとか言って普段はやらなさそう。

虫キャラにハマったからには虫について知ろう!と思い、書籍を読んだり博物館に行ったりしています。
まぁ勉強したところでしょせん付け焼刃ですし、(セクトニア様の一族のモデルが他のクモの巣を乗っ取るタイプのイソウロウグモだったら「きせいし、のりうつり、しはいしてきた」の意味が面白いかんじに変わるなー)とか、そういう愚にもつかない妄想にしか知識を使わないんですけど。なーにやってんだかとふと悲しくなりもする。
基本的に虫は苦手なのです。どのぐらい苦手かというと、蝶のいる温室でオオゴマダラの羽音に恐れ慄いたり、蝶がどこから来るのか予測できなくて観察どころじゃないぐらいビビったりする程度です。そんななのになぜ温室に入ったのか。
でもクモは展示を何度も見たりして訓練していまして、最近やっとオオツチグモ科の皆さんをかわいいと思えるようになってきました。視界に入った瞬間はどうしても恐怖心で一瞬思考がフリーズしますが、じっと見てると慣れてきて、仕草を微笑ましく見守る余裕が出てきます。余裕と言ってもガラス板で隔てられてるが故の、安全圏からの余裕ですが。
たくさんある脚がわさわさするのがまだどうにも…こわい…。毒毛を飛ばすとか中々おっかない生態があるやつもいるし、手に乗せて可愛がるまでの境地に至るにはまだまだ修行が足りないようです。

緊縛っつったらエロ!なテーマだったのにエロくないシリアスなふいんきになってしまった!なぜ?!
答えはかんたん。フラワーだったりソウルだったりするセクトニア様について、未だにシリアス抜きで考えられないからです。
真格ルートでタランザがセクトニアソウルを見た時、果たしてどんな感情を抱いたのか…ごめんまだわかんない(ええー)
ソウル様を描くにあたって模様をよく見てたら、花びらにも翅にもハートの意匠が頻出していて、なんか…この…なに…?なんで…?なんでそんなハート推すの…?花びらの切れ込みは閉じたらハートっぽくなるしさあ…なんかさあ…切なくなるからやめて…
あと、花形態から引き続き、翅が天使の羽根モチーフですよね。花形態はまだ未研究なので、ソウル形態と比較すると何か発見できるかもです。

絵と萌え語りは以上です。いつものまとめより1枚絵が少なくてごめん。漫画も結局描けてなくてごめん。
それでは、最近のゲーム事情のこーなー。
「勇者ヤマダくん」、タクトとアゲアゲげっとしましたよ!つよいつよい!でもアンナノーコンクリアはまだできない!
そろそろピラミッドでスプーンとかいうのを手に入れに行く頃合いかなーと思います。カケラは何だかんだで120個あるしいけるよね!
あと新ダンジョン、カイジパロかよ!と思ったけど、もともとカイジネタ多かったですよねこのゲーム。ラスボスが所詮傀儡なのが元ネタに沿っててとても良い。魔法とデバフなしで物理と痛烈攻撃ばっかりなのもいかにも泥臭くて良い。

初代カービィ、やーーーーーっとエクストラ全クリしました!!!去年から放置してたけどやり切ったよほめて!!!
デデデだけで通算20回以上死にましたよね…。なんつうか、すぐ折れる自分の心が一番の敵。
ねんがんのエンディング後おまけも見れましたよ。初代カービィさんったらマジで表情が変わらなくて、ジャンプモーションでも無表情なため上手く避けれた時は「どんな攻撃をされても動じずかわすカービィ△」って思ったりするのですが、倒した敵が目の前でだばだば涙を流し始めるとさしものカービィさんでも動揺するというの、なんか、おいしい(語彙の死)
プププランドに初めて来た頃のカービィはポーカーフェイス気味だったのが、表情豊かなデデデとの交流で影響されて振舞いに愛嬌がついていく、とか妄想しちゃうなあ…カビデデの源流があそこにあったのですね。
次は2だ!並行してUSDXの真格をクリア&100%目指します。
それではこのへんで。またこんど~

カービィ関連記事がちょっと増えつつあるので、過去記事リンク貼っときます。同志に届け。
トリデラのこと、タラセクのこと(注意:最後1枚のみ擬人化絵あります)

拍手

PR

コメント

プロフィール

HN:
弐新
自己紹介:
社会不適合者のこのあたいが何の因果か新社会人。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Twitter